LCC旅こそ座席アップグレードが必要

LCCとは

格安航空会社のことで、効率化によって低運賃で簡素化されたサービスを提供しているローコストキャリアの略です。

LCCとANA・JALとの違い

LCCが安い理由は、ドリンクや毛布の貸し出し等の無料サービスを極力行わず簡素化することでコストダウンを実現しています。また、LCCは効率化の観点から、一度に大量の客を乗せてほぼ満席で飛ぶため、座席間隔が狭く圧迫感があって狭苦しく感じることが多いです。

座席指定は1,000円程度

通常、一番前の座席と中央あたりの非常口座席は足元が広めに設計されています。
JALのクラスJやスカイマークのフォワードシート(旧足のばシート)は、追加料金1,000円で広い座席が指定できます。

LCCでも、この足元の広い座席を1,000円程度の追加料金で指定できます。
一時間半を超えてくるフライトなら、飲み物も飲みたいしトイレにも行きたい。同じ姿勢で座り続けるのも疲れてくる時間です。また、自分が通路側でも窓側の人がトイレに立つ時に寝てるのを起されたり立ち上がったりするのは煩わしいなと思う気持ちから解放されます。

※今回は、事前座席指定時1,000円でしたが、当日アップグレードは1,500円の表示がありました。

座席のゆとりは心のゆとり

狭い席に押し込められて、飲み物も飲まずトイレも我慢して…機内では精神的・肉体的にストレスも溜まりがち。このような状態だと、ちょっとしたことで揉めたり、言い争いになったりしやすいです。殺伐とした緊張感のある雰囲気、疲れますね。

特に早朝や深夜等の時間帯でもフライトが多いLCCでは、旅先でのアクティビティを最大限に活かすため、移動時間である機内ではできるだけ休息にあてたいと思うもの。

たった1,000でこの緊張感から解放されて広々と楽に移動ができるなら、安いもんです。今回はバニラエアで往復(往路:非常口座席、復路:最前列)座席指定しましたが、私以外に横一列は誰も居ませんでした。視界に入る景色も重要です。だいたい窓の方しか見ないんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました