ジオマンシー

ジオマンシーとは

アラブ発祥、中世ヨーロッパで広がった土占い(砂の科学)です。地のパワーを利用するジオマンシーは、現実的で具体的な日常の問題を解決するのに適しています。

「地上の星座」とも呼ばれているジオマンシー占いに興味を持ち、2017年に高橋桐矢先生の講座で学んで以来、日々の選択に迷った時や日課としてジオマンシー占いを実占しています。

ジオマンシーシンボル一覧

ジオマンシーのシンボルは16種類です。各シンボルは、奇数(・)または偶数(・・)を表す4段のドットで構成されています。これら16種類のシンボルには個々に象意があり、占いたいテーマに対する答えを的確に示します。

シンボルは、形も意味も二つずつ対になっています。

 

ヒコーキジオマンシー

ジオマンシー占い愛好家の間では、オリジナルのカードを作っている方も多くいます。

私はジオマンシーの16のシンボルに該当するイメージを、大好きなヒコーキ写真で表現した写真展を開催しました。これがきっかけになり、占い用のカードを制作。イラストは雑誌「月刊エアライン」紙面でヒコーキ漫画が人気の蘭木流子先生が担当してくださいました。ジオマンシーのシンボルから連想する、ヒコーキの世界観が素敵なカードに仕上がっています。

鑑定にも使用しているカードです。

 

 

人々/ポプラス

 

道/ヴィア

 

つながり/コンジャンクショ

 

拘束/カルサー

 

大吉/フォーチュナ・メジャー

 

小吉/フォーチュナ・マイナー

 

獲得/アクウィッシショ

 

喪失/アミッショ

 

喜び/ラエティーシャ

 

悲しみ/トリステシャ

 

少女/プエラ

 

少年/プエル

 

白/アルブス

 

赤/ルベウス

 

竜の頭/カプト・ドラコニス

 

竜の尾/カウダ・ドラコニス


ヒコーキセラピー(写真展)

ジオマンシー16種類のシンボルを簡易的に一覧表にしました。(PDFファイル)

geomancy_list

 

 

ジオマンシーの基本的な占い方

  1. 紙とペンを用意します
  2. シンプルかつ具体的な質問を決めます
  3. ペンを持って左から右へ点(・)を好きなだけ紙に打ちます
  4. 4段分繰り返します
  5. 各段の点が奇数か偶数かを調べます
  6. 奇数なら(・)偶数なら(・・)を書きシンボルを得ます

メモ帳で点を打つイメージ

奇数か偶数か調べます

上記の例は、1段目から4段目まで全て偶数なので

●  ●
●  ●
●  ●
●  ●

シンボル「人々/ポプラス」が導き出されます。

 

その他の占い方

スマホアプリ

androidをお使いの方には Sinple Geomancy が評価も高くおすすめです。

 

iPhoneのショートカットアプリ

iPhoneがあればいつでもどこでもカンタンにジオマンシー占いができます。
iOS13から標準アプリとなった「ショートカット」を使って設定しました。Siriを使って結果を読み上げてもらうこともできます。オートメーション設定で毎朝同じ時間にシンボルを出力してもらいその日の参考にしてもいいですね。

 

さざれ石

恋愛に関しては、ローズクォーツのさざれ石を使うなど見た目も楽しませてくれる方法です。さざれ石をひとつまみ、4回繰り返して数を数えます。それぞれ奇数か偶数かによってシンボルを得ます。

 

サイコロ

実物のサイコロ4つ、またはサイコロアプリを使っても簡単に数字4つを出してから、数字の奇数か偶数を調べてシンボルを導き出せます。

 

カード

私がジオマンシー占いを習った高橋桐矢先生の「アラビアンジオマンシーカード」はFCMオンラインショップで購入でジオマンシー発祥の地であるアラビアの昼の星と夜の星をイメージした世界観の素敵なカードです。占い方の書籍もいくつか出版されているので、誰でもかんたんにジオマンシー占いを始めることができます。

 

 
タイトルとURLをコピーしました