花火写真の撮り方

対面鑑定は西宮市で承っております

阪急甲東園駅近くの写真屋さんFRAME*カフェスペースで実施しています。ご予約は下記へ↓

兵庫県西宮市松籟荘11−28田中マンション2
Tel/Fax 0798-53-3689
☆゜・。。・゜゜・。。・

 

今年の関西の夏は、昔から伝統的に行われている祇園祭と天神祭が開催されて、ようやく街に元気が戻ってきた感があります。100万人規模の人出が予想されるとかで、警備の人も大変そう。おつかれさまでした。

関西の夏を彩る花火大会のひとつである天神祭の花火は、長年多くの人々を魅了し続けています。今年は4年ぶりに開催され、久しぶりに花火撮影に挑戦した方も多かったのではないでしょうか?

今年は花火見物の人出も多そうだし、少し離れたところから三脚立てて花火を撮ろうとコロナ禍の間によく通っていた大阪城で、街の灯りと飛行機の光跡も入れて撮ってみました。

 

 

花火撮影はいくつかのポイントに注意することで、素晴らしい写真を撮ることができます。

 

タイミングと場所を見極めよう

花火は一夜限りのイベントです。撮影する日時と場所をよく計画しましょう。花火が打ち上がるスポットや、周辺の照明状況などを事前にリサーチして、ベストな撮影スポットを見つけるのがポイントです。普段は大丈夫でも、混雑防止のために当日だけ立ち入り禁止区域に指定されることもあります。人気の撮影スポットは早めに混雑することがあるため、早めの到着がおすすめです。

 

 必要な機材を準備しよう

花火の撮影には、三脚やリモートシャッターなどの安定した撮影環境が重要です。特に長時間露光の場合は、カメラがブレないようにすることが大切です。

また、広角レンズを使用することで、大迫力の花火をより広範囲に収めることができます。カメラの設定は、シャッタースピードを遅くし、ISO感度を下げて、明るさと色彩を調整しましょう。撮影するカメラの性能によっては、マニュアルモードでの撮影がより詳細なコントロールが可能となります。

 

花火の瞬間を捉えるアイデア

花火は一瞬の美しさを持ちます。撮影する際には、瞬間を逃さないように心掛けるとともに、シャッターを切るタイミングやカメラの焦点距離を変えることで独自の表現を試みても楽しいと思います。

本日開催の淀川花火は、関西最大級規模の花火大会です。数多くの花火が打ち上げられ、壮大なスペクタクルを創り出します。

淀川花火大会では、より広いエリアでの撮影が可能なため、アングルや構図を工夫することで、より効果的な写真を撮影できます。また、花火の形状や色彩の多様性を活かし、クリエイティブな撮影アプローチを試してみると、個性的な写真が生まれるかもしれません。

個性的な写真を撮るために、他の撮影者とは違ったアプローチを試してみることをお勧めします。

 

お問い合わせはお気軽に!

対面鑑定は西宮市のFRAME*カフェスペースにて10分1,500円〜承っております。

ぁゅ*
ぁゅ*

ヒコーキセラピーは、写真と占いを通じて心身のバランスを取り戻す新たな旅を提供します。

アーユルヴェーダ、ヨーガ療法などヴェーダの智慧でみなさまの幸せと健康をサポートしています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました